感情を言語化する訓練

自分の感情を言語化する訓練として、誰かに話したり日記につけたりしてできるだけ気持ちを言葉にしてみれば、もやもやとした気持ちの裏側にさまざまな理由が見えてくるはずです。ストレスコントロールのためにも多くの人がそのような習慣を身につけるのがよいと思われます。女性は男性よりもよっぽどそういった能力には優れているので、男のプライドをちゃんと理解する必要があるかもしれませんね。男もそっとしておいてほしい部分や誰にも触れてほしくない部分があるわけですからね。それを無視してずけずけと言葉で内面に土足で踏み込んでいくと完全防御の盾で男性は他者から身を隠してしまうのです。それは男を窮地に追い込んでいるということなんですよね。相手の気持ちを読みとることにたけている女であれば、そういった面をしっかりと理解してあげるのがいいのではないでしょうか。男のプライドを傷つけるというのは、女が男にセクハラを受けるようなものと同じようなことをしているものだと理解したほうがよいのかもしれません。女がセクハラ発言に過敏に反応するのと同じように男は自分のプライドを冒されるような発言に過敏に反応するものなんですよね。

by azuponi on 8月 1st, 2014 in 感情の処理

There are no comments.

Name*: Website: E-Mail*:
XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>