男が自分の感情を言葉にできない理由

男というのは扇桃体でストレスを受け止めるのに対して、女というには年齢とともにストレスを受け止める場所が扇桃体から大脳皮質に移行すると言われています。この研究結果をもとにして考えてみると、男が自分の感情をなかなか言葉にできないということにも説明がつくわけです。女の場合、ストレスを大脳皮質で受け止めているから、どう感じたかを言葉にしやすいのです。そして言葉にしやすいからストレスを発散しやすいといえるわけです。言葉にするというだけでストレスはかなりの部分、解消されるともいわれています。それに対して男の場合はストレスを扇桃体で受け止めているのですよね。これは何となく嫌だなぁと本能的に持つ不快感であり、そのときどう感じたかを言葉として表現するというのがなかなか難しいのです。しかも男はその気持ちを、自分の中で言葉にしたり振り返ったりせずに、簡単に見過ごしてしまうのですね。そのもやもやとした感情を外に吐き出すことなく、心の内にため込んでしまうのですよね。その違いというのは本当に大きいものだと思います。

by azuponi on 7月 24th, 2014 in 感情の処理

There are no comments.

Name*: Website: E-Mail*:
XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>