Archive for the cateroy 幸せ

  

出会い系サイトによる偶発的な出会い

出会い系サイトのような偶発的な場所での男女の出会いというのは実に不思議なものです。考えれば考えるほど、男女の出会いにおける運命や必然性、偶然ということについて分からなくなってしまいます。卵子というのはヒトのもっている細胞の中でもっとも大きいらしいですね。精子はほぽ一生にわたって新しいものがつくられるのに対して、卵子のもとになる細胞は、女性が胎児のときに卵巣内で数百万個つくられて、それ以上つくられることはないようです。そしてその細胞の大部分は女性が排卵するようになる思春期までの間に成熟しないまま死んでしまうというのです。女性が思春期になると、あとに残った20万から30万個の細胞の中から毎月1個が成熟卵胞となって卵子として排卵されるようになるのです。でも一生のうちに排卵される卵子の数はこのうちの500個程度に過ぎないのですね。卵子は毎月、左右の卵巣の片方から1個ずつ排卵されるわけです。通常は左右の卵巣から交互に排卵されるのですが、同じ卵巣から続けて排卵されることもあるようですよ。また一度に複数の卵子が排卵されることもあり、同時に受精すると、双子や3つ子になるわけですね。一卵性双生児は1つの受精卵が2つに分裂して2人になったもので遺伝子もほとんど同じになるため非常に似ているのです。一方、二卵性双生児は2つの卵子それぞれに別の精子が受精したものなので同時に生まれたというだけで普通の兄弟姉妹と変わりはないようですね。運命の出会いって本当にあるものなんでしょうか。出会い系サイトで出会い結婚したという人を何人か知っています。普通に職場や学校で自然に出会い結婚した人よりも幸せそうにも見えます。いったい何が正しいんでしょうね。ハッピーメールという出会い系サイトがあります。ハッピーメールの口コミ情報などを見ていると評判はよさそうです。ハッピーメールの口コミについてというようなサイトもあったりします。運がよければ相性のあう素敵な人に出会えるんでしょうね。でもそれが本当に運命の出会いなのかどうか、それはかなり時間が経過しないと分からないものです。さていい出会いって何なんでしょうね。

末長くいい関係を維持するには

男は女に対して言ってはならないタブーの言葉というのをよく心得ている人が多いように感じます。それに比べると女の側は、男に対して言ってはならないタブーの言葉というのを理解している人は少ないように感じてしまいます。何の気なしにズケズケと男の土俵に立ち入っている女性は多いように感じてしまいます。銀座のカリスマママが、女たちに人気があるのも、男の心理を知りつくした彼女たちの発言が男との距離感を測れないで立往生している女たちに新鮮な言葉として頭に入っていくからなのではないでしょうか。男は男性ホルモンのテストステロンに導かれるような形で、プライド高く生きることによって自尊心を満たすことができているわけですよね。

コミュニケーションスキルの重要性

男性というのは言葉に言い表せないモヤモヤやストレスがたまると、それが怒りや暴力に転化する場合もあるのですよね。青少年のキレやすい心理傾向やひきこもり青年の家庭内暴力、また妻に対する夫のドメスティックパイオレンスがここ最近増加しているのも、男脳がへんとうたいで感情を処理し、大脳皮質まで達しない、心のもやもやを言語化するのが苦手な脳であることが少なからず関与しているのではないでしょうか。男は寡黙なままではこれからはどんどんと生きにくくなっていくことは間違いないでしょうね。昔のようには無口が価値があるものとみなされる時代はもうやってこないでしょう。男はもっとコミュニケーションスキルを鍛えないと幸せには近づけないことは間違いないでしょう。