出会い系サイトによる偶発的な出会い

出会い系サイトのような偶発的な場所での男女の出会いというのは実に不思議なものです。考えれば考えるほど、男女の出会いにおける運命や必然性、偶然ということについて分からなくなってしまいます。卵子というのはヒトのもっている細胞の中でもっとも大きいらしいですね。精子はほぽ一生にわたって新しいものがつくられるのに対して、卵子のもとになる細胞は、女性が胎児のときに卵巣内で数百万個つくられて、それ以上つくられることはないようです。そしてその細胞の大部分は女性が排卵するようになる思春期までの間に成熟しないまま死んでしまうというのです。女性が思春期になると、あとに残った20万から30万個の細胞の中から毎月1個が成熟卵胞となって卵子として排卵されるようになるのです。でも一生のうちに排卵される卵子の数はこのうちの500個程度に過ぎないのですね。卵子は毎月、左右の卵巣の片方から1個ずつ排卵されるわけです。通常は左右の卵巣から交互に排卵されるのですが、同じ卵巣から続けて排卵されることもあるようですよ。また一度に複数の卵子が排卵されることもあり、同時に受精すると、双子や3つ子になるわけですね。一卵性双生児は1つの受精卵が2つに分裂して2人になったもので遺伝子もほとんど同じになるため非常に似ているのです。一方、二卵性双生児は2つの卵子それぞれに別の精子が受精したものなので同時に生まれたというだけで普通の兄弟姉妹と変わりはないようですね。運命の出会いって本当にあるものなんでしょうか。出会い系サイトで出会い結婚したという人を何人か知っています。普通に職場や学校で自然に出会い結婚した人よりも幸せそうにも見えます。いったい何が正しいんでしょうね。ハッピーメールという出会い系サイトがあります。ハッピーメールの口コミ情報などを見ていると評判はよさそうです。ハッピーメールの口コミについてというようなサイトもあったりします。運がよければ相性のあう素敵な人に出会えるんでしょうね。でもそれが本当に運命の出会いなのかどうか、それはかなり時間が経過しないと分からないものです。さていい出会いって何なんでしょうね。

何を大切に感じるのか

男女関係というのは、何を大切に感じ、何を求め、どう生きていくかといったことにだんだんズレが生じてくるという事は多いと思います。お互いに自尊心が満たされない不満を抱えて、自分の欲求ばかりを主張していては、どんどんズレが広がってしまうことは避けられません。そのままズレていって、もう自尊心を保つことができないとどちらかが感じたとき、別れ話が持ち上がるのではないでしょうか。別れるか、別れないかということも、男と女の脳がその自尊心をどれだけ保てるかにかかっているようにも思えます。ある調査機関が行った男女1000人へのストレスに関するアンケートがあるようです。その中でストレスの原因が男女共に配偶者という比率が高いののが面白い。 Read the rest of this entry »

末長くいい関係を維持するには

男は女に対して言ってはならないタブーの言葉というのをよく心得ている人が多いように感じます。それに比べると女の側は、男に対して言ってはならないタブーの言葉というのを理解している人は少ないように感じてしまいます。何の気なしにズケズケと男の土俵に立ち入っている女性は多いように感じてしまいます。銀座のカリスマママが、女たちに人気があるのも、男の心理を知りつくした彼女たちの発言が男との距離感を測れないで立往生している女たちに新鮮な言葉として頭に入っていくからなのではないでしょうか。男は男性ホルモンのテストステロンに導かれるような形で、プライド高く生きることによって自尊心を満たすことができているわけですよね。 Read the rest of this entry »

感情を言語化する訓練

自分の感情を言語化する訓練として、誰かに話したり日記につけたりしてできるだけ気持ちを言葉にしてみれば、もやもやとした気持ちの裏側にさまざまな理由が見えてくるはずです。ストレスコントロールのためにも多くの人がそのような習慣を身につけるのがよいと思われます。女性は男性よりもよっぽどそういった能力には優れているので、男のプライドをちゃんと理解する必要があるかもしれませんね。男もそっとしておいてほしい部分や誰にも触れてほしくない部分があるわけですからね。それを無視してずけずけと言葉で内面に土足で踏み込んでいくと完全防御の盾で男性は他者から身を隠してしまうのです。それは男を窮地に追い込んでいるということなんですよね。 Read the rest of this entry »

コミュニケーションスキルの重要性

男性というのは言葉に言い表せないモヤモヤやストレスがたまると、それが怒りや暴力に転化する場合もあるのですよね。青少年のキレやすい心理傾向やひきこもり青年の家庭内暴力、また妻に対する夫のドメスティックパイオレンスがここ最近増加しているのも、男脳がへんとうたいで感情を処理し、大脳皮質まで達しない、心のもやもやを言語化するのが苦手な脳であることが少なからず関与しているのではないでしょうか。男は寡黙なままではこれからはどんどんと生きにくくなっていくことは間違いないでしょうね。昔のようには無口が価値があるものとみなされる時代はもうやってこないでしょう。男はもっとコミュニケーションスキルを鍛えないと幸せには近づけないことは間違いないでしょう。 Read the rest of this entry »

自分の感情を言語化するということ

男の脳は自分の感情を言語化するのが本当に苦手なんですよね。そのためにストレスに気づきにくくなっているようです。でもストレスに気づかないからといって問題をそのまま放置していると、後でとんでもないことになってしまうというのはよくあることです。男はたいていの場合、ストレスが自分の心身を蝕んでいることを認めたがらないのですよね。人に助けを求めたり、話を聞いてもらったりするということは男のプライドが絶対に許さないことなんです。そしてそういった状況をどう説明していいかもよくわからないんですよね。でもストレスを見て見ぬフリをしているうちに、それを手がつけられないほど大きくしてしまうのです。そうなってからでは手遅れですよね。 Read the rest of this entry »

男が自分の感情を言葉にできない理由

男というのは扇桃体でストレスを受け止めるのに対して、女というには年齢とともにストレスを受け止める場所が扇桃体から大脳皮質に移行すると言われています。この研究結果をもとにして考えてみると、男が自分の感情をなかなか言葉にできないということにも説明がつくわけです。女の場合、ストレスを大脳皮質で受け止めているから、どう感じたかを言葉にしやすいのです。そして言葉にしやすいからストレスを発散しやすいといえるわけです。言葉にするというだけでストレスはかなりの部分、解消されるともいわれています。それに対して男の場合はストレスを扇桃体で受け止めているのですよね。 Read the rest of this entry »

男と女の感情処理

多くの男にとって自分が今まで必死に守ってきたナイーブな部分に、女が土足で入ってくるということが耐えられないのですよね。でも女の側としては、何も不快感を与えようとしているわけじゃなく、ごく普通に受け答えをしているつもりという場合が多いのでしょうね。無自覚である分、改善が難しいという部分がそこにはあるわけです。そもそも男と女とでは話すということに対するハードルの高さが全く違うわけです。女にしてみれば普通の話をしているようでも、男はたいへんな思いをして話しているというケースが少なからず存在するわけですね。相手は自分と同じように話すものでしょう、という無頓着な前提のもとに話してしまうと、女の言葉が知らず知らずのうちに男を追い込んでいってしまうのですよね。 Read the rest of this entry »

女の言葉

男にとって自らの内面、特に弱みをさらけだすことは清水の舞台から飛び降りるような一大決心といっても大げさではないのでしょうね。女は男が自分の心情を伝えることにかなりのエネルギーを割いていることを意外と知らないのですね。男はかなりの覚悟を決めて話しているのに、女はその話をそれほどでもないことと捉えてしまうのですよね。それがどうかしたの?というような顔をしたり軽くあしらって言ってしまったりするんですよね。男は女にそのような軽い対応をされると、敗北感を持ってしまい、自分の弱みを見せてしまったことを後悔してしまうでしょうね。 Read the rest of this entry »